これからネコを飼いたいと思っている場合、道具類が何も無いために必要なものは全て揃えなければなりません。
ですが必要なものには何があるのか理解していないと、飼い始めてからあれこれと揃えなければならないから大変です。
トイレのねこ砂やキャットフードのような消耗品のように必要だと分かっているものもありますが、気がつかないものが多いと出費の面でも辛くなるから注意しておくこと。
そこで猫を飼い始めるときに主に必要になるものについて紹介します。

最初から絶対に揃えておいた方が良いもの

猫を飼い始めるときに最初から用意しておいた方がいい必要なものは、なんと言っても首輪です。
室内飼育だと必要ないと思うかもしれませんが、逃げ出したときなどトラブルの際に飼い猫・飼い主としての証明がしやすいので絶対に揃えておくこと。
大人になってからだと首輪を嫌がる可能性があるため、子猫のときから慣れさせておくことが大事なので、飼い始めるときから揃えておくべき必需品です。
猫の首輪と言えば鈴が付いているイメージもありますが、ネコのストレスにならないように子猫の時には鈴よりも軽くて邪魔にならない商品を選ぶのがおすすめ。

猫を自宅に連れて帰るときにも使うため、自然と購入することになるのがキャリーバッグです。
連れて帰るときの他にも動物病院やペットサロン(犬だけではなく猫のトリミングも人気です)など、外出時の必須アイテム。
素材は布やプラスチックなど色々なタイプがありますし、形状もリュックタイプなど手提げ以外のタイプもあって迷うところですが、猫ちゃんを連れ歩くときに使うのですから、デザイン重視で選ぶのもアリです。

無いよりあった方が良いおすすめ商品

・食器類

キャットフードなどを入れる食器類に関しては、自宅に余っているお皿を使う方法もあるため最初は無くてもどうにかなります。
ですが水用の食器など深さや安定性を考えると、ペットの食事専用のものがおすすめです。

・お手入れ用品(ブラシ、爪切りなど)

ブラッシングなどのお手入れ用品はいきなり全てを揃える必要はありませんが、ブラシや爪切りと成長に合わせてすぐに必要になります。
お手入れをしないと抜け毛や見た目もひどくなっていきますし、人間用のブラシやシャンプーは猫には合っていないため専用のものがおすすめです。

・ケージ

子猫の安全にも役立ちますし、大人になってからも来客時に邪魔をされたくないなど、何らかの理由で猫を入れておける場所が必要になるもの。
一時的ならキャリーバッグに入れる方法もありますが、狭すぎるためケージを用意しておくと便利です。
広さよりも段差があるケージが運動も出来るからおすすめ。

・おもちゃ

おもちゃは無くても一緒に遊んだりふれ合うことが出来ますが、やはり猫専用のおもちゃがあるとくいつきが違います。
飼い主としての楽しみが増えるので、グッズを徐々に揃えていくのがおすすめです。

・リード(ハーネス)

散歩をさせない室内飼育の場合でも、外出時に逃げ出さないようにリードを繋いでおくと安心です。
犬のように一緒に散歩をすることも出来るため、たまには外に連れ出したいときにも役立ちます。