猫の飼い方の中でも気になるものは、どのくらいの費用が必要になるかと言うことですね。
飼い始めればキャットフードやトイレ砂などの維持費が必要になるのは当然ですが、グッズ代の他にも色々な費用がかかるので油断しないこと。
猫を購入する費用だけしか考えないで飼い始めてしまうと、他の初期費用を知ってからお金が足りなくて困る可能性もあるので注意が必要です。
そこで猫の飼い方の中でも気になる費用について、グッズ代以外で必要な初期費用とその後の維持費に分けて解説します。

猫の飼い始めの際に必要になる初期費用

猫を飼い始める際に必要となる初期費用の中でも一番大きなウェイトを占めるのが、猫そのものの代金です。
ペットショップやブリーダーから購入する場合には、数万円~数十万円が必要になるため、飼い始めるまでに相場を店頭で確認しておくことが大事。
一緒に生活をするパートナーとなるため、金額で妥協しなくて済むように準備しておきましょう。

猫の購入費用の他に必要となるのが健康診断や予防接種などの費用ですが、これはお願いする動物病院によって料金が変わるものの、混合ワクチン接種で5,000円~必要になります。
健康診断と一緒なら併せて10,000円~になりますが、飼い始める際には忘れずに動物病院に連れて行きましょう。
予防接種などは次の年からも年1回のペースで必要となるため、最初にかかりつけの動物病院を決めておくと便利です。

避妊や去勢手術は飼い始めてすぐではなく、少し成長して体力が付いてからで良いのですが、室内飼育でも必要なので準備しておくこと。
金額はとしては、
・オスの去勢手術:~30,000円
・メスの避妊手術:~20,000円
程度になります。
オスの方が若干高くなりますが、一度だけの負担で済む費用です。

猫を飼い続けるために必要になる維持費

元気な状態で猫を飼い続けるためにも必要となるのが、年に1回の健康診断と予防接種を受けさせることです。
初回と同じ動物病院なら料金も大きく変わりませんし、人間と違って健康状態が判断しにくいから元気な時でも定期的に診察して貰うと安心していられます。
室内飼いだと運動不足による肥満も多いため、健康診断は元気でも連れて行くこと。

普段から健康に注意していても、ケガや病気になる可能性があるため、その時の治療費も予め考えておくと安心です。
特にペット用保険に加入していない場合、治療費は全額自己負担になるから金額は人間の病気よりも高額になります。
病気やケガは避けられない可能性もあるため、医療費として10万円~30万円程度の貯金をしておくか、ペット保険への加入を考えておくのがおすすめ。

猫を飼うときにはノミ・ダニについても気になりますが、動物病院で駆除して貰うことが出来るので大丈夫です。
料金は1,000円~1,500円程度で効果が1ヶ月程度は続きますし、ペットショップで市販されているノミ取りグッズよりも確実に駆除できます。
猫の飼い方で気になる費用は一度で済む初期費用と、こういった飼い続けるために必要な維持費があるため、キャットフードや猫砂代だけでは足りないから、お金には余裕を持って飼い始めるのがおすすめです。