猫の飼い方としてはエサを与えるだけでは無く、きちんと水も与えなければなりません。
ご飯とは違って水は好きな時に飲めるようにしておいた方が良いため、飼い方の中でも放置したままであまり気にしていない場合も。
ですが猫はあまり水を飲まない傾向があるため、どのくらい飲んでいるか飼い主が気にして管理してあげることが飼い方のポイントです。
猫が水分不足が原因で病気にならないように、猫と水の関係を分かりやすく解説します。

水を飲まなくて水分不足になると猫はどうなるのか

猫は犬とは違って水をたくさん飲むようなタイプでは無く、少ない水分でも大丈夫なように思えますが、水を飲まなくて不足すればリスクもあります。
主なリスクとしては脱水症は当然のこと腎臓病などがあるため、水は必要なら勝手に飲むだろうと油断せずに、たまにはどのくらい飲んでいるか注意してあげることが必要です。
脱水症の症状としては普段よりも動きが鈍く元気が無いように感じますし、食欲が減ることもあるので違う病気を心配して動物病院に連れて行くことにもなるため、普段から飲んでいる水の量には注意しておくこと。

水は水道水で良いのでこまめに取り替える

人間はミネラルウォーターを飲む場合も増えていますが、猫にあげる水に関しては水道水で十分です。
逆に硬水などのミネラルウォーターを与えてしまうと、ミネラル分が多すぎて尿路結石などの結石の原因になる可能性があるので注意すること。
水は水道水で良いのですが、容器に残っていてもこまめに取り替えて、常に新しいものにしてあげることが大事なポイントです。

飲む量が多くないために取り替えずに済ませたくなりますが、猫のためにも残った水は捨てて新しいものに取り替えてあげることで、飲みやすくなり脱水症状の予防にもなります。
更にキャットフードとお水を並べておいて終わりでは無く、複数の場所で水が飲める環境にしておくのがおすすめ。
猫は水道を舐めて水分補給をすることもあり、お皿などの水よりも動きがある方を好む性格の猫もいるため、水を飲まないと思った場合は循環するように流れる商品もあるので試すのもありです。

猫に必要な1日の水分量はどのくらいなのか

猫が飲んだ水の量はメモリが付いた食器や給水器を使うか、重さを量った差である程度分かります。
実際に猫が必要となる1日の水分量としては、大人の猫であれば体重1kg当たり50ml程度。
子猫の場合には大人よりも体重の中で水分が占める割合が多いため、
・体重400g:約110ml
・体重800g:約170ml
と大人よりも多くなりますが、水としてではなくミルクからも水分を摂取するので、そんなに飲んでいないけどと心配しなくても大丈夫です。

キャットフードがドライフードの場合にはそれほど水分含有量は多くないものの、ウェットフードなら商品にもよりますが70%前後の水分が含まれているため、あまり水を飲まないようなら食事をウェットフードに変えるのがおすすめ。
飼い方としては猫は犬と比べれば少ない水分でも大丈夫ですが、のどの渇きに対して鈍い傾向があるため、健康面を考えると飼い主が管理しておく必要があります。