猫を飼いたいと思ったときに色々な種類を見ては、どれも可愛いから悩むこともありますが、問題なのはネコの種類によって値段が大きく違うことです。
人気の猫種になれば数十万円はしますし、そうなると猫を飼いたいと思っていた気持ちが薄れてしまう可能性も。
ただし、純血種など血統を気にしなければ値段は安くなりますし、可愛いことに代わりはないから諦める必要はありません。
猫を飼い始めれば家族の一員となってずっと一緒に過ごすのですから、後悔しないように最初は少しぐらい値段が高くても、あなたの心をわしづかみにした猫ちゃんを選ぶのがおすすめです。

猫の値段は高額な種類もあるが無料で譲って貰う方法もある

猫を手に入れる方法や猫種によって値段はピンからキリまで大きく違ってくるため、何万円もの購入費用が常に必要になるとは限らないのがポイントです。
ビジネスとして子猫の販売を行っているペットショップやブリーダーから購入する場合にはお金がかかるものの、知り合いや動物保護施設、張り紙やネットの情報で里親募集を見つければ無料で譲って貰える場合もあります。

ペットショップやブリーダーから購入する場合

ペットショップやブリーダーから購入する場合、血統書が付いている子猫も多く、人気の猫種になると価格も数十万円どころか100万円以上する場合も。
ですが子猫を購入することが出来るため、小さい頃からお世話をすることですぐになついてくれますし、一人暮らしでも親になった幸せが楽しめます。
飼いたい猫種が決まっている場合には、専門のブリーダーさんから購入すると、同じ種類でも毛色や模様などの違い、耳の形や顔つきなどの個体差を見比べて選べるから、あなたにとって最高の猫を見つけることが出来るのでおすすめです。

ペットショップではなかなか飼い主が見つからずに子猫が成長してくると、販売価格が安くなることもあるため、こまめに見に行くとお得な値段で購入できる可能性もあります。
何よりもペットショップには人気の猫種がたくさん揃っているため、何を飼うか決まっていない場合には実物を見ながら選べるのがポイントです。
鳴き声も聞けるから、愛情一杯で育てたくなる子猫が見つかります。

知り合いや保護施設から譲り受ける場合

一人暮らしで寂しいから猫を飼いたくなっても、ペットショップで子猫を見ると値段が高額すぎて購入するのは無理だと思うことも。
ですが最近は里親募集の情報が街中の張り紙や知り合いからではなく、ネットを使って調べられるから購入費用が高額だからと悩む必要はありません。
動物保護施設も注目されていますし、こういった方法なら無料で譲り受けることが可能なため、血統や猫種に拘りがなければおすすめの方法です。

里親募集の場合には生まれた子猫を譲って貰える可能性も高く、ペットショップなどで購入したときと同じように、どんな性格に成長するのかなども楽しめます。
動物保護施設などは大人になった猫が多いものの、一人暮らしで子猫の世話が難しい場合にも安心して飼えるのはメリットです。
生まれたばかりでエサがミルクの場合は手がかかりますが、大人の猫なら仕事で留守にしていても安心なので、実際に会ったときの印象で後悔しない猫ちゃんを選ぶのがおすすめです。