猫の飼い方の中でも気になるのは、お風呂に入れてのお手入れは必要なのかどうかですね。
お風呂好きの動物もいますが猫は水を嫌がる性格が多いため、お風呂に入れたくてもすぐに逃げ出そうとする場合が多いから大変。
少ないもののお風呂が好きな猫ちゃんもいますが、嫌いだからといってシャンプーをしなければ汚れや臭いが気になる時もあります。
お風呂に入れて洗う頻度なども飼い方として気になるポイントなので、猫のお風呂について分かりやすく解説します。

猫が嫌がるなら無理にお風呂に入れなくても大丈夫

猫を室内飼育で飼っている場合、家の外に出る機会といってもベランダぐらいですから体が汚れる心配は殆どありません。
そのためお風呂を嫌がるならば入れなくても良いのですが、飼い主としては汚れや臭いなど気になることがあるなら、シャンプーで毛を洗ってシャワーで洗い流すぐらいはしたくなります。
水に濡れることを嫌がる可能性もありますが、中には最初からお風呂に興味をもちバスタブに入ろうとする好奇心旺盛な性格をした猫もいるので、試さないと分からないものの嫌がるならストレスになるから無理をしないこと。

注意点として子猫の頃から育てている場合、適度にお風呂に入れておけば慣れていくから大丈夫と思っていても、あくまでも性格なので慣れるどころか飼い主を嫌うケースもあります。
猫の臭いを嗅いだときに気になるようならばお風呂に入れて洗った方が良いのですが、猫はキレイ好きなので飼い主が気にするほど臭い可能性は低いのもポイント。
長毛種で汚れが気になる場合にも、お風呂を嫌がる場合には水の必要ないドライシャンプーを使って洗う方法もあるから、無理矢理お風呂に入れなくても大丈夫です。

洗う頻度は室内飼育なら半年~1年に1回で十分

飼い方として気になるお風呂に入れてシャンプーで洗う頻度としては、多くても半年に1回程度でよく短毛種なら1年に1回でも十分です。
ですが長毛種の場合は汚れやすかったりするため、年に4~5回程度の頻度でお風呂に入れるのもあり。
お風呂に入れる際に使うシャンプーに関しては、配合されている成分が人間用の商品は強すぎる場合があるため、絶対に避けて猫専用シャンプーを使うこと。
洗った後も猫は毛が乾きにくいため、バスタオルで良く拭いてからドライヤーで乾かすことが大切です。

飼い主としては臭いなどが気になるかもしれませんが、猫は犬とは違ってそれほど神経質にならなくても大丈夫なので、飼い方としては無理矢理お風呂に入れる必要はありません。
気になる場合は水のいらないドライシャンプーや泡タイプ、拭くだけで良いシートタイプなどもあるため、お風呂を嫌がる性格の猫もキレイにすることは出来るから大丈夫。
無理矢理お風呂に入れると猫ちゃんとの信頼関係が崩れる原因になるので、飼い始めてから性格に合わせて対応することがオススメです。