ペットとして猫を飼いたいという思いがあっても、飼い方で散歩をして良いのかどうかで迷うものです。
犬の場合には普段は室内飼育をしていても、外に連れて行って散歩をさせると喜びます。
ですが猫の散歩を見かけることは少ないため、飼い方に詳しくないと散歩はしないものと思い込んでいる人も。
ですがせっかく可愛いネコちゃんと生活をしているのなら、たまには一緒に外出を楽しみたいとも思いますね。
そこで犬とは違って猫を散歩させても良いのか、飼い方を分かりやすく解説します。

猫を散歩に連れて行くかどうかは性格で判断する

飼い方として猫を散歩に連れて行くかどうかは、性格によって向き不向きが変わるので性格に合わせて判断するのがおすすめです。
子猫の時から室内飼いを続けていて、外出する機会が動物病院に連れて行くときなど少なかった場合には、外の世界に慣れていないから嫌がる可能性があるので要注意。
猫によっては散歩に連れて行こうとしても、玄関から出たらすぐに戻ろうとする場合もあり、こういった外出を嫌がる性格の場合には散歩はやめておくこと。

逆にすぐに玄関や窓から外に出たがる性格の猫ならば、散歩に連れて行くと喜ぶため、犬のように外に連れて行ってあげるのがおすすめです。
ただし、室内飼育でも窓から外を見ることは可能ですが、外出を嫌がらない性格だとしても室内とは違う環境の危険性はよく分かっていないため、人間が管理しながら散歩させることが大切。
散歩に連れて行って外の危険を少しでも理解させておくと、逃げ出したときに事故に遭う可能性を多少は下げられます。

首輪は抜けるから猫にはハーネスを付けて散歩すること

猫を家の外で散歩させる場合には、犬と同じようにリードを繋いで散歩させることがとても重要です。
ただし、犬と違って猫の場合は頭が小さいため、首輪にリードを繋いでいても首輪ごと抜ける可能性が高いので、用意するリードの種類には注意点があります。
猫の散歩では首輪に繋ぐタイプのリードでは無く、前足や胴体にかけるハーネスタイプのものを利用すると抜けにくいため安心です。

散歩に連れて行くときにいきなりハーネスを付けても、猫が慣れていないから嫌がる可能性があるので注意。
飼い方としては事前に室内でハーネス(リード部分は外しておく)を付けて慣れさせておくことで、散歩に行くときもハーネスを嫌がらずにリラックスして散歩を楽しめるから大丈夫です。

運動不足解消にも大切だがストレス発散にもなる

猫は室内飼育で散歩に連れて行かなくても運動不足にはなりにくい動物ですが、最近は肥満気味の猫も増えているから運度不足解消にも役立ちます。
ですがそれ以上に外に行きたがっていた猫を散歩に連れて行くことは、スレレス発散に大きく役立つからおすすめです。
好奇心旺盛で外の世界に興味を持っている性格の猫にとっては、散歩は運動をする以上に気持ちの面での効果が期待できます。

そのため猫の性格が散歩を喜ぶならとてもメリットがあるのでおすすめですが、嫌がる性格なのに無理に連れて行くとストレスになるので逆効果。
運動不足は室内だけでも解消できるため、あくまでも猫を散歩に連れて行くかどうかは性格に合わせて判断する飼い方になります。