猫を飼うときには、エサとトイレについては気をつけておかなければなりません。
どちらも飼い主であるあなたが管理する必要があるため、飼い方としても大事なポイントになります。
エサは忘れても猫の方からおねだりしてくる可能性がありますが、トレイに関しては環境が悪化すると病気の原因にもなるから要注意。
これから猫を飼う場合にはトイレについても知っておくのがおすすめなので、分かりやすく解説します。

猫のトイレ環境は飼い主が管理してあげる

猫は穴を掘って排泄するため、室内飼育の場合には飼い主がトイレ環境を整える必要があります。
屋外と違い床は傷が付くだけで穴は掘れませんから、ネコ砂が売られているように決まった場所に砂がかけられる環境を作ってあげることが大事。
おしっこのようなマーキングは避妊・去勢手術によって治まることが多く、室内飼いでも気にしなくて良いのですが、猫砂を取り替えたりする管理は飼い主の仕事であり、飼い方としても忘れてはいけないことです。

特にトイレ環境として注意しなければならないのは、猫ちゃんが落ち着いて排泄できる場所であること。
賑やかで落ち着かない場所にトイレを設置してしまうと上手に排泄できない可能性があるため、部屋の隅などに置くのがおすすめ。
一人暮らしでワンルームの場合の飼い方としては、猫がトイレに行ったら静かにしてあげれば大丈夫です。

トイレのしつけはすぐに覚えてくれるから大丈夫

子猫を飼い始めるとしっかりとトイレの場所で排泄してくれるようにしつける必要があります。
ですがトイレトレーニングについては猫の習性もあってすぐに覚えてくれるから、飼い方として最初は不安があるかもしれませんが犬よりも簡単な動物なので大丈夫です。
猫には同じ場所で排泄をする習慣があるため、排泄しそうな気配を感じたらトイレの場所に何度か連れて行くだけで、場所を覚えて利用するようになります。

飼い方として問題なのは排泄しそうな時に連れて行くことですが、行動を見ていれば分かるから心配はいりません。
床の臭いをしきりに嗅ぐような仕草や、掘るような仕草をしていたらトイレを探しています。
こういった猫の仕草を見たらトイレの場所に連れて行ってあげれば良いので、猫を飼育した経験がなくてもトイレのしつけは簡単だから大丈夫です。

出来ればトイレは2つ用意してあげる

猫のトイレは他の猫と共同だと嫌がる傾向があるため、多頭飼いの場合には猫の数+1を基本として、1匹だけ飼う場合にも出来ればトイレは2つ用意してあげるのがおすすめ。
なぜなら猫の好みの問題も大きいのですが、1つしかないとトイレ本体を洗って掃除したときに利用できなくて困るという理由もあります。
本体の清掃は月に1度のペースでも良いのですが、猫砂に関しては少なくとも2週間に1度は交換してあげること。

本体の形状は深めのトレータイプの他に全体が覆われているドーム型などもあり、猫の性格によって好みが変わります。
猫砂に関しても鉱物系や紙系などがあり、飼い方としては燃えるゴミで処分できたりトイレに流せるタイプだと便利。
ただし、猫砂に関しても猫ちゃんの性格で好みが分かれるため、最初は少量で購入していくつかの商品を試すのがおすすめです。