可愛い猫を飼いたいと思っていても、犬と違って爪とぎをされてしまうのが不安なため、どうしようか悩んでいる人もいます。
特に一人暮らしで賃貸の部屋に済んでいる場合、いくらペット可の物件でも壁や柱を爪とぎに使われるのは心配なもの。
椅子やベッドの脚などの家具を傷つけられる心配もあるため、飼う前に猫の爪とぎについて理解を深めておくことは大切です。
そこでペットとして安心して猫を飼えるように、爪とぎについて分かりやすく解説します。

爪とぎは本能から行う猫にとって必要な行動

猫の爪とぎは種類や性格によってその頻度が変わるなど、個体差がある行動になります。
ですが本能から行う行為になっているため、回数に関係なく必要なものとして飼い主の方が受け入れることがとても重要なポイントです。
爪とぎを行う理由としては、
・爪の先端をといで鋭利に保つため
・何となく気分転換に行う
・マーキング
などの理由があります。

気分転換やストレス発散を目的として行う場合もあるため、爪とぎの回数が多いと感じたら、部屋の中にストレス要因があるかもしれないので環境を見直すのもおすすめです。
爪の先端が鋭利だと危険なため、室内飼育の場合には飼い主が爪切りをすることも大切ですが、それでも習性として爪とぎは行うことがあります。

止めてはダメ!爪とぎの場所を教えることが大切

爪とぎを勝手にされると部屋中の壁や家具が傷つくため、出来ればしつけで止めさせたいと思うかもしれませんね。
ですが上記のようにストレス発散などの理由があって行うため、無理に止めようとしても良いことは無いから注意。
それよりも大切なのは、子ネコの頃から爪とぎを行って良い場所を教えることです。

麻縄などが巻かれたキャットタワーもありますし、爪とぎ専用のグッズがあるため、子猫の頃からその場所で爪とぎの真似事をさせれば、自然と他の場所ではやらなくなるのでしつけも無理なく出来ます。
爪とぎが出来る場所が無いと猫のストレスは溜まる一方ですが、しっかりと爪とぎの場所を用意すれば大丈夫ですし、専用の商品が売られているから家具も傷つきません。
猫にとって爪とぎは必要な行動なため、しつけで止めることは絶対にダメです。

傷つけられたくない家具類は保護すれば大丈夫

爪とぎが出来る場所を用意しても、常にその場所だけでやってくれるとは限らないから不安もあります。
猫の気分次第では普段とは違う場所で爪とぎをする可能性もあるため、壁や家具類など傷つけられたくない物は全て保護しておくのがおすすめ。
猫の爪とぎから保護するための商品には滑る素材のシートなど色々なグッズが売られているため、壁や家具をカバーしておけば大丈夫です。

マーキング目的で爪とぎをする場合には背伸びをして高い場所に行うので、壁全体に保護シートを貼る必要はありませんが、猫の背丈よりも上までは保護する必要があります。
保護シートの他にも臭いで猫を寄せ付けないようにするスプレーなどの小物もありますが、基本はシートタイプで対策するのがおすすめです。
猫を飼うときには爪とぎで部屋中が傷つくのでは無いかと不安かもしれませんが、対策グッズがあるため賃貸のワンルームでも安心して猫は飼えます。